ゆいこの、徒然なるままに

~ ひとと自然に寄り添った暮らしを、ゆるりと ~

( piece of nothing* 005 ) 「好きなこと、やったらいいんだよ」

「好きなこと、やったらいいんだよ」




いろんな人から言われては、「そうだよね」と、隠れて小さなため息を、何度ついたことか。





それなのに、この人の口からでてきた言葉は、どうしてこんなにも、すぅ〜っと染み込んでいくのかな。




朝一番、鎌倉のビーチで、キラキラした小石や貝殻を一生懸命拾っている、彼女の丸くなった背中を見ながら、思う。






「何したらいいんだろう」
「どうすればいいんだろう」
「…あれ、何したいんだっけ」



ぐっと、一歩踏み出したいけれど、なぜかそれができない。





人からのアドバイス、無数のネット上の情報たち、そして自分の気持ち、誰かの気持ち。


わかるようでわからないものたちが、雪だるまみたいに大っきくなっていく。



ムクムクムクムク。






そういう時に必要なのは、ぐっと力をいれて意気込むことじゃないのかもしれない。



きっと悩みって、もっともっと、いらないことに、サヨナラするためにあるのだろう。







yuico *