ゆいこの、徒然なるままに

~ ひとと自然に寄り添った暮らしを、ゆるりと ~

何もしない甘美さを Dolce far niente 〜バリ/トラワンガン島にて

 


飛行機に乗り降りするための、空港ビルから乗降扉までぐーんと伸びている、あの通路を「ボーディング・ブリッジ」と呼ぶそうだ。

 

デサンパサール空港に到着、ボーディングブリッジに一歩踏み出して、バリ独特の湿気や匂いを含む空気を、思いっきり吸い込んだ。

 

 

 

 

 

 

 1週間のバリ旅も折り返してきた頃、私たちはギリ - トラワンガン島という、小さな島に向かった。

 

バリでは、ウブド周辺の観光地をひたすら回った後、カランガセムという田舎町まで、東へ80kmほど(中々激しい)車を走らせ、さらにジェットボートで1時間、船酔いしかけてやっとたどり着いた。

 

 

ウブドのコテージ。子猫がうろちょろ)

f:id:yuicoogawa:20161028201353j:image

 

 

 

(空がちゃんと青い)

f:id:yuicoogawa:20161028201440j:image

 

 

 

(この池でローカル少年たちが釣りしてた)

f:id:yuicoogawa:20161028201500j:image

 

 

 

(クタビーチでサーフィン。今までで一番楽しかった) 

f:id:yuicoogawa:20161028201514j:image

 

 

 

(大自然をバックに、朝プール!)

f:id:yuicoogawa:20161028201532j:image

 

 

 

(やっと、ギリ トラワンガン島に到着。コテージまでの道のりがすごい)

 f:id:yuicoogawa:20161028201612j:image

 

 

 

 

旅疲れをしていたから、はしゃぐことも少なくなっていた。

 

 

"What are we going to do today?"
(今日、何しよう?)

"Hmm maybe... do nothing"
(うーん、何もしないとか?)

"Ok good, let's do nothing."
(いいね、そうしよう)

 

 

そうして私たちは、ビーチにある小さな、ローカルなレストランで、何もせずに過ごした。

 

 


デッキチェアで居眠りしたり、パソコンで映画見たり、

海に泳ぐ魚を見に行ったり、ビーチで綺麗なサンゴを探したり

お腹がすいたら、フライドライスとフレッシュジュース(これがめちゃくちゃおいしい)を食べたり飲んだりした。

 

 

一度も時計を見ることなく、気付けば空が暗くなっていたので、コテージに戻った。


ハニー味のジャックダニエルを片手に、プールでゆらゆら泳ぎながら、私たちは今日を振り返った。

 

 

 

"We totally did nothing"
(本当に、何もしなかったね。)

 

 

 

(目の前オーシャンビュー。お隣のヨーロピアンも読書しながらホリデイを楽しんでた)

 f:id:yuicoogawa:20161028201610j:image

 

 

 

 

 

 


食べて、祈って、恋をして」という映画の中で、主人公がイタリアを旅するのだけど、

 

その中で「イタリア人は、何もしないことの喜びを知っている」という会話がでてくる。


それを、 

 

"Dolce far niente"

(ドルチェ・ファール・ニエンテ) 

― 「何もしない甘美さ」

 

と言うそうだ。

 

 


日本人の多くは、"Dolce far niente" をあまり知らないのかもしれない。

 


何もかも異世界の旅先で、自分のお気に入りの場所を見つけて、何もしないで過ごす ー

 

そんな、ドルチェを味わうような、うっとりする時間を、旅先でつくること、

これを自分のライフワークの一つにしようと決めた。

 

 

 

スガシカオみたいって言われた、お気に入り写真)

https://www.instagram.com/p/BMAZ8eKlUkd/

 

 

 


さて、次はどこへ行こうかな 。

 

 


yuico*