ゆいこの、徒然なるままに

~ ひとと自然に寄り添った暮らしを、ゆるりと ~

素敵なお別れをして、はじめて人は学ぶ

今夏、忘れがたいお別れがあった ―







素敵な人やコミュニティとお別れをして、しばらくぽっかりと一人になった時、はじめて人は学ぶ。


どれだけ大切な居場所だったか、
どうして大切な居場所だったか、

そして、その大切な居場所のお陰で、どれだけ自分が変わったか、を。





もっと大切に過ごせばよかったって、だらだらと思ったりしながら、


そこから離れてみてしばらくして、やっと、多かれ少なかれ「そこにわたし達がいた意味」のようなものを、腹落ちさせることができる。




そう、「一緒にいる瞬間」と「それにより学びを得る瞬間」には、必ずといっていいほど、時差がある。





「何で一緒にいる瞬間に、気づかなかったんだろう」




ネガディブにも、ポジティブにも、ニュートラルにも、誰もが不思議に思ったことがあると思う。


わたしはというと、そんな感情を焦れったく思うことが多かった。





だけど、きっと、何も焦ったく思わなくてもよくて、(そう思えるようになりました)


そもそもの日々の中で、小さなことこそしっかりと丁寧に取り扱ってあげてたら、自分がわからないうちに、ちゃんと一歩前にすすむ。




ああ、そうやってみんな、長い人生をかけながら、成長していくんだな、と。


すこしずつ、すこしずつ。





その人のお陰で、ひたすら「素敵な人になりたい」と思うようになった。




どんなに、やりたいことを器用にできるようになっても。

どんなに、お金が稼げるようになっても。

どんなに、お洒落な家や車や服やバックや靴に囲まれたとしても。

どんなに、見た目が可愛くなったり、カッコよくなっても。

どんなに、いい仲間といい時間を過ごせたとしても。

どんなに、綺麗なものや景色を見ても。




その魅力を感じる「心」と
その魅力的なもの・ことの中から、自分は何を選択するか、考える「頭」がないと、


何にも、自分のものになんてできない。




だから、もっと心と頭を洗練させたいし、


そのために、もっともっと素敵な人やコミュニティに出会ったり、お別れしたり、再会したりしたい。





暑い日々は続くけれど、きっと夏はすぐにいなくなる。

むさくるしくても、だるくても、しゃんと背筋を伸ばして、過ごしていこう。






yuico*